品川でコンジローマを治療できます

品川にはコンジローマをきれいに治療できる、クリニックが多いです。尖圭コンジローマは性器や肛門まわりなどにイボができる紡機で、誰にでも感染したり発症する可能性があります。STD(性感染症)の一つで、STDの中かでは性器クラミジア感染症や淋菌感染症、性器ヘルペスウイルス感染症などに続いて報告が多く、日本にはかなり多く患者がいると言われています。女性の場合、大小陰唇や腟前庭、会陰や尿道口、肛門のまわりなどに現れることが多いです。

腟や子宮頸部などの性器の内側にイボが発生することがあるので注意が必要です。イボの色は白やピンク、褐色(黒っぽい茶色)などが多いですが、時には黒色など多種手結で、大きさは径1~3mm前後から数cmなどさまざまです。イボは乳頭状という乳首のような形だったり、ニワトリのトサカのような形状やカリフラワーのような状態もあります。コンジローマの患者は10代後半~30代の人が中心になっていて、女性の方が男性より年齢層が少し低い傾向です。

自覚症状がほとんどなく、ややかゆみや痛みなどを感じることもあるでしょう。コンジローマが起こる原因としてHPV(ヒトパピローマウイルス)と呼ばれている、ウイルス感染です。HPVにはいろいろな種類があり、コンジローマを起こすタイプのウイルスは、性行為はそれに類似するような行為によって、皮膚や粘膜などにある小さな傷に侵入し感染する仕組みです。品川にはいろいろな感染症に対応したクリニックが多く、気軽に通院することができます。

品川に住んでいたり通勤していても、仕事帰りなどに気軽に立ち寄ることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です