コンジローマの治療ができる品川の医療機関

コンジローマとは、性器や肛門のまわりにイボができるという感染症の一種で、誰にでも感染及び発症する可能性のある病気です。性器クラミジア感染症や淋菌感染症、性器ヘルペスウイルス感染症に次いで多い感染症と言われており、10代後半から30代の若い年齢層が多く、性交渉の経験のある方はかかる可能性が高い感染症です。コンジローマは、多くの場合自覚症状がなく、中にはかゆみや痛みを伴うこともあり、完治させないと繰り返し発症してしまいます。コンジローマの治療には、感染症内科や婦人科、性病科などの診療科目のクリニックや病院といった医療機関を受診する必要があります。

品川区内には、コンジローマの診療を行なっている医療機関が60件以上点在していますので、いくつかを紹介してみましょう。品川区西五反田にある皮膚科クリニックでは、アレルギー科や泌尿器科、性病科を診療科目としておりを泌尿器科専門医による治療が受けられます。曜日によっては22時までの夜間診療を行なっているのが特徴です。品川区旗の台にある比較的規模の大きな病院では、皮膚科や感染症の専門医が在籍しており、診療科目が多岐に渡っているため、万が一ほかの病気が見つかった場合でも、安心です。

五反田駅から歩いてわずか1分の場所に立地しているクリニックは、総合内科・感染症内科・ワクチン・性病治療を行なっており、感染症専門医が在籍しています。土曜日も夕方5時まで診察が可能で、インターネットによる予約も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です