新宿でコンジローマになったら

コンジローマは主に性器に感染するウイルスであり、性感染症として知っている人も多いでしょう。ウイルスの潜伏期間は3ヶ月~半年程度となっており、感染経路が特定できないこともあります。男性の場合は陰茎や肛門周囲、鼠径部といった場所に症状が出ますが、女性の場合は外陰部や性器の内側、肛門周囲、鼠径部などに症状が出るということです。新宿でウイルスに感染するとカリフラワー状や鶏のとさか状のイボができてしまいます。

大きさはさまざまですが、免疫力が低下している時は大きくなってしまうこともあります。気になる症状を見つけたら早めに新宿の病院を受診しましょう。新宿のコンジローマの治療としては、炭酸ガスレーザーや液体窒素、電気メスといった方法があります。炭酸ガスレーザーは小さなイボまで治療することができますし、数回で治療が終了するというメリットが挙げられます。

デメリットとしては費用がかかることや局所麻酔による痛みがあるといったことです。液体窒素のよる手術は最も簡単な方法です。さらに、保険が適用されるので値段が安くて済むことも大きなメリットです。デメリットとしては1回では治療できないため、何度も通院しなくてはいけないということが挙げられます。

完全に治るまでには時間がかかりますし、範囲が広い場合はこの方法で治療するのは難しいでしょう。電気メスを使用し、コンジローマを焼く方法は最も効果が高いとされています。イボが大きい場合や広範囲にある場合はこの方法が取られます。しかし、電気メスは痛みが強いですし、麻酔が必要になることも知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です