コンジローマの診断を可能とする新宿のクリニック

コンジローマは性感染症の一つですが、性器の周辺にイボができる症状を持ち、主に性交によって感染する病気です。出会い系や風俗店などの不特定多数の異性を相手にするお店で感染することもあり、性交の数に比例して感染リスクも高まります。コンジローマはウイルスによって罹患しますが、10万人に30名という割合での有病率ですが、症状が出にくい特徴があります。なお新宿などの風俗店・ラブホテルなどの密集しているエリアは、それだけ性交や性交に類する行為を行うことから発症する率が高めの地域です。

新宿の性感染症を専門にするクリニックでは、コンジローマを診断できるので、性器に違和感を感じたらすぐに駆け込んで診察をしてもらいます。症状もイボができている状態であれば、見ての診断でも判明できますが、見えにくい場所や症状が現れにくいケースも存在します。知らないうちにコンジローマに罹患していることもあるため、人が集まる新宿の風俗店などは要注意になるでしょう。なおその予防にはコンドームを装着することが推奨されますが、ウイルス感染症のため専用のワクチンも存在します。

新宿のクリニックでもそのワクチンを扱っているケースもあるため、相談を行うことが可能です。特にコンジローマは女性の罹患に注意する必要があり、それは子宮がんを引き起こす可能性もあります。症状が悪化してしまう場合には、実際に患部をメスで切除を行うか、レーザーで焼く方法、他にも患部を液体窒素により凍らせて除去する方法を行います。また手術後は経過観察を行う必要もあり、悪化すると厄介な性感染症になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です