糖尿病疾患を持つ方に向いている包茎手術

男性にとって陰茎は自身の分身と呼べる器官でしょう。無意識に周りと比べることがありますが、包茎であるとにコンプレックスを抱いてる方は少なくありません。日本人男性の約90%が包茎であるという統計がありますが、これは皮膚の性質が起因しています。欧米人では皮膚が薄くて成長とともにめくれますが、日本人は分厚くてめくれにくいことで自然と陰茎も皮に包まれたままになるというわけです。

包茎のコンプレックスを取り除きたい場合は、泌尿器科で包茎手術を受けることで解決します。総合病院はもちろんのこと、昨今ではメンズクリニックでも包茎手術はなされており、日帰りというスタイルで手術をなされています。なお、糖尿病疾患を持つ方に至っては、必ず医療機関を受診したのちに手術を受けなくてはいけません。日本では三大生活習慣病として、糖尿病を患っている方が多くいます。

約820万人の患者のうち、80%が男性である統計が厚労省からだされていますが、この方々が包茎手術を受ける際は必ず「切開法」という手技が実施されるのが特徴です。現在の主流はピーリング法ですが、糖尿病疾患があると勃起をすることがありません。包茎手術は勃起をした状態で手術をすすめなくてはいけず、ピーリングをしても余分な皮を残す恐れがあります。しかし、切開法であればメスを用いてすべての皮を取り除けるので、勃起をしなくても高品質な手術を受けられるということです。

この方法でも日帰りで実施されます。包茎手術と糖尿のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です