経験豊富な専門医が包茎手術を行う横浜のクリニック

包茎には包皮が全く剥けない真性と手で剥くと亀頭が露出する仮性があります。治療が必要なのは真性で、放置していると亀頭が不潔な状態になって炎症を起こして、亀頭包皮炎などを起こしたり、陰茎ガンなどを起こしやすいという因果関係も立証されています。仮性の場合はお風呂で亀頭を露出させて綺麗に洗うことで、清潔に保つことができますが、見た目の美容面で包茎手術を希望される方もいます。横浜にあるこのクリニックは両方の治療を実施していて、経験豊富な泌尿器科医が責任を持って治療を行っています。

このクリニックは横浜の駅近くのビルの中にあり、通勤や通学の間に通院しやすく、マンツーマンでのカウンセリングも実施しています。治療を開始する時には、手術がどのようなものか、術後に痛みがあるのかや傷跡の心配、治療費などのわからないことが多く不安に感じます。ここではまずはカウンセリングで、患者さんの疑問や心配をしっかり聞いて、わかりやすく丁寧に説明することで、治療に関する悩みに応えています。包茎手術は包皮を切り取り亀頭を露出されて、包皮の形を整えて縫合する処置ですが、このクリニックでは縫合に使用する糸は吸収後と呼ばれるもので、傷の治癒と同時に組織に吸収されるので、手術の跡が残らない丁寧なハンドメイドな処置です。

またこの横浜のクリニックは包茎手術以外の泌尿器部門でも深い知識を持った専門医が実施するので、術後見た目だけでなく機能もしっかりケアするので安心して治療を受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です