糖尿で包茎手術を我慢している人に

自分のペニスが包茎でコンプレックスを感じている人はいませんか。そんな人は是非包茎手術を受けてみてください。そこまで難しい手術ではありませんので、今まで悩んでいたことがすっきり解決する可能性が高いです。ただ、ここで問題となるのが、糖尿病を患っている人たちです。

糖尿病になっていると包茎手術は難しいというお医者さんはいます。何故かというと、傷が治りにくく完全に治る前に再び炎症を起こしてしまう可能性が高いからです。確かに、糖尿病で包茎手術をすることは普通の人と比べるとリスクは上がりますが、絶対にできないというわけではありませんから是非一度検討してみることをおすすめします。なぜ包茎だといけないのか思ったことはありませんか。

別にそのような状態であっても生活に支障がないのであれば特に治療を急ぐことはないでしょう。ただし、糖尿病患者の場合は、普通の人よりも注意したほうが良いと言えます。何故かというと、前述したように傷が治りにくいからです。高血糖の状態になると亀頭の包皮まで栄養がいきわたらなくなります。

その結果、だんだん炎症や傷が増えていって包皮が厚くなってきます。そうなると厄介なのが、真性包茎と呼ばれる勃起をしても亀頭が露出しない状態です。こうなると、不衛生な状態になりますからさらに炎症が起こりやすくなって、性交渉や排尿をする際に痛みが生じることになってしまいます。こうなる前に手術をしてしまうことが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です