植毛のメリットとデメリットについて

植毛とは髪の毛を失った部分に、毛を植え込む方法ですが、これには2つの方法があり1つ目は自毛植毛で、2つ目は人工毛植毛になります。この2つの方法はどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか見ていきましょう。まず自毛植毛とは後頭部などの毛が無くなっていない部分からドナーとなる毛を採取して株分けされます。そして失った部分にそれを植え込んでいく方法になります。

この方法は自分の毛を使用していますので、拒否反応を起こすことがなく生着率も95%と高くなっています。また自分の毛を使用している為、周りの毛とも馴染んで見えますので見た目的にも自然な仕上がりになります。しかしどの程度の範囲が行えるのかは採取できるドナーの数によって異なります。また採取した部分には傷か残ってしまいます。

次に人口毛植毛とは人工的に作られた毛を失った部分に植え込む方法になりますが、この方法はドナーを採取する必要がありませんので、広範囲であっても毛が足りないという事にはなりません。また1回の手術でも高い効果を得ることができて、仕上がりも自然な仕上がりにすることができます。しかし自分の毛ではないため拒否反応を起こすことがあります。そのほかにもデメリットとしては定期的に補毛が必要になりますし、そのたびに費用が掛かってしまいます。

この方法はアメリカでは禁止されていますが、ヨーロッパやオーストラリア、アジアでは今現在も行われている方法になります。亀頭増大のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です