植毛の種類とメリットとデメリット

髪の毛が薄くなってしまった場合の選択肢としては、最後まで抵抗を続けて発毛の努力をするか、ウィッグなどを付けるか、植毛をするかなどがあるのですが、一般的には発毛の努力をして、それでダメな場合はウィッグを付けるか、それとも植毛にするのかを選択します。ウィッグは水に入ると濡れてしまって蒸れたり、ずれてしまうというデメリットがあります。お金に余裕がある場合には、髪の毛を直接移植する植毛を行う人がいます。その方法は現在では2種類行われていて、人工の毛を頭皮に植えて、髪の毛を増えたように見せる方法と、自分の髪の毛を使用して、移植する方法があります。

人工の髪の毛を使用する場合のメリットは価格が安いことで、自毛を使うよりもかなり割安になります。しかしデメリットとしては髪の毛が成長しないことや、人によっては拒絶反応を起こしてしまうことがあることで、自毛の場合には費用は高いのですが、拒絶反応はなく、髪の毛が成長するのでアフターケアが簡単であることなどがあります。あと大切なこととして定着率の高さがあり、人工の毛の場合は定着率が低いので、徐々に抜けてしまうのですが、自毛の場合は定着率が90%程度と高いので、抜けないで半永久的に自分の髪の毛として手入れをすることができます。価格は1000本で50万円ですが、最近は移植をする面積で価格が決められていることが多いので、クリニックでカウンセリングを受けたときにどの程度の移植が必要かを確認しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です