植毛の方法や効果に関する説明

植毛とは、頭皮に毛髪を移植する手術のことです。毛髪が薄くなる傾向がある人に行われる方法です。育毛などの対策との違いは、頭皮環境を整備して髪が生えるのを待つのではなく、頭皮に直接的に毛髪を移植することです。そのため、短い時間で効果を実感できる利点があります。

植毛の方法には、人工毛移植手術と自毛植毛手術があります。人工毛移植手術は、人工的に作成した毛髪を頭皮に移植する手術です。必要な毛髪を人工的に用意できるので、移植本数を行える本数に限界がない性質があります。そのため、広い範囲に施術を行うことができる利点があります。

欠点は、免疫の拒絶反応により炎症が発生することがあることです。この手術で移植される毛髪は人工的に作成されたものなので、通常の毛髪のように成長したり生え変わったりはしないです。自毛植毛手術は、移植を行う人自身の毛髪を移植を行いたい場所に移植する方法です。本人の毛髪を使用するので拒絶反応がないことや、移植された髪が通常の髪と同じように成長や生え変わりを行うようになる効果があります。

欠点は手術の費用が高いことや、使用できる毛髪の量に制限があることです。この手術で移植される毛髪は、脱毛の傾向がない性質を持っている後頭部の髪が主に利用され、毛髪をいくつかの株に分けて移植を行うマイクログラフト法などが用いられます。これらの毛髪移植行為は、外科の医療分野に該当する医療行為なので個人で行うことはできないです。植毛を希望する場合は、専門の医療機関で施術を受ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です