強いコンプレックスがある方には植毛も手段の一つ

多くの男性の薄毛の原因はAGAといわれ、最近では多くの病院で治療を受けられるようになりました。しかし、病院の中にはAGAの進行を止める薬を処方するだけのところもあり、発毛効果を得られるような治療を受けられるところは限られているようです。ただ、専門の治療院では内服薬だけでなく頭皮に直接効果のある成分を注射し発毛実績を上げている病院などもあります。このような治療では多くの方が発毛効果を得ているようですが、中には効果が得られない方もいます。

この効果が得られない方は、発毛を諦めて今の状態を受け入れ生活する方もいれば、最終的な手段である植毛をする方もいます。この植毛には2種類あります。自分の毛の生えている部分の皮膚を移植して植毛をする方法と、人口の毛を利用する方法とあります。どちらの方法にもメリットやデメリットがあり、自分の皮膚を移植する方法のメリットは拒否反応がないことです。

人口の毛では拒否反応を起こす場合がありますが、自分の皮膚を利用する方法では拒否反応がなく、毛が生えれば自然な仕上がりになります。ただ、毛の生えている部分の皮膚を移植するため移植できる量に限界があります。人口の毛を利用する方法では拒否反応を起こす可能性はありますが、好きなだけ増やせるというメリットがあります。ただ、この植毛は最終的な手段であり、今ある毛根から毛が生えるのであればその治療を行ったほうがいいといえます。

しかし、色々な治療を試し効果がなく、それでも強いコンプレックスを感じるようなら植毛をしてそのコンプレックスを解消するほうが、より良い人生を歩めるともいえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です