植毛に伴うデメリット

植毛は大きく分けると2つの方法に分けることができて、人口の毛を作成してそれを植え込む人工植毛と、自分の毛を採取してその毛を植え込む自毛植毛になります。この2つの方法には、どちらもメリットとデメリットがあります。これをしっかりと認識した上で行っていくようにしてください。まず人工の毛を植え込む方法は、どんなに広い範囲であっても植え込むことができますので、範囲に制限がありません。

また自然な仕上がりにすることができますので、良い方法なのですが、自分の毛ではないため拒否反応を起こすことがあります。使用される毛の素材はナイロンか化学合成繊維を使用しますが、このようなものを体に植え込むことで、猛烈なかゆみに襲われることがあります。そしてそこを掻いてしまうことで炎症を起こすといった事態になることもあります。クリニックによっては粗悪な人工毛や技術が低いことによって引き起こされてしまいます。

もしも人口毛で行う場合には、しっかりとしたクリニックを探すようにしてください。人口毛での最大のデメリットとなる拒否反応は自毛を使用する方法であれば、引き起こされることはありません。しかし自分の毛を採取しますので、採取できる毛の量によって植毛できる範囲が決まってしまいます。また一回で得られる効果が薄い為、複数回の手術をしなくてはなりません。

また毛を移し替えているだけになりますので、全体の毛の本数は変わりません。どちらの方法にもメリットとデメリットがありますので、しっかりと認識してから行うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です